中国語の単母音・複母音・鼻母音の発音付き上達練習法!

更新日:

boin

中国語を始めるうえで、最初の基本部分に「母音」があります。
普段は「母音」なんてあまり意識しないので「母音」ってなあに?
と疑問を持たれる方もいると思います。

日本語の「母音」は

あ・い・う・え・お」です。

これが中国語では「6個」にになります。
これを、単(基本)母音部分と呼び

「a」「o」「e」「i」「u」「ü」

とアルファベットで表記します。
このアルファベットで表したものを、中国表記で「ピンイン」と呼ぶことになっています。

さて、一番後ろに見慣れない文字が・・・。

「ü」

「u」の上に2個点々があります。
これは日本語の「イ」と「ウ」の間のような発音です。
後ほど、どんな発音か聞いてみましょう。

基本部分は上記した通りで

「a」「o」「e」「i」「u」「ü」の6つになります。

1個ずつ確認してみましょう。
大事な点ですが、日本語は口ごもってもある程度聞こえます。
ですが、中国語は大きく発音しないと相手が聞き取りにくい。
おまけに、将来自分も聞き取りににくくなります。

大きく明るく発音するのも実はコツなんですね。



スポンサーリンク

6つの基本母音(単母音)のコツと発音集

(種類)「a o e i u ü」の6個

「a」の発音とコツ

日本語の「ア」よりも口を大きくあけ、舌を下げ明るい気持ちで「アー」と発音。
一番最初なので、いっそう明るくすると自信もつきます!

「o」の発音とコツ

日本語の「オ」より唇を丸く突き出して「オー」と発音。
より突き出すことをイメージするといいですよ!

「e」の発音とコツ

最初の難関です。
下のどちらかでまず挑戦してみてください。

  • 上記「o(オー)」の発音をしつつ、そのまま口を横に開く。すると似た音がでます。
  • 日本語の「エ」の口の形で喉の奥から「オー」と発音。

どうしても難しい!
そんなときは最後の手段!
こうやってみてください。

  1. 親指を噛む
  2. 口を「イ」にして大きく横に開く
  3. 舌は口の中でどこにもつけない
  4. そのまま「ウ」を発音する

「i」の発音とコツ

日本語の「イ」よりさらに口を左右に開いて「イー」と発音。
写真を撮るとき「1+1は?」
で「2」というイメージでさらに「ニィィィー」と大げさにする感じです。

「u」の発音とコツ

日本語の「ウ」より大げさに唇を丸く突き出し口の奥から「ウー」と発音。
「ちゅう」をよりすぼめてやるイメージです。
1人だったら簡単でしょ?(笑

コツとしては、はっきり「ウ」を発音するよりは喉の奥から「ウ」を出す感じだと、音がこもってそれらしく聞こえますよ。

「ü」の発音とコツ

やや難関その2です。
ですが、やり方さえ分かれば簡単。

言葉で表すなら日本語の「ユ」を言う口の形で小さい「ィ」の音を出すイメージで「ユィ」と発音。
「ユ」と「ィ」の中間ですが、舌はどこにあるか?
それを考えながら練習すると結構簡単になりますよ。

  1. 舌を「下の歯」の真裏にあてる
  2. 口を「イ」の形に大きく開く
  3. 「イーーーー」と発音しながら、口をすぼめて「ウ」の口のようにする

コツは「イ」の音を出し続けることで、嫌でも「イ」と「ウ」の中間音がでます。

複母音(二重母音、三重母音)の発音

複母音には母音が2個重なったもの(二重母音)、3個重なったもの(二重母音)があります。
一つずつ解説していきます。

二重母音(後ろの母音を軽く添えるタイプ)

(種類)「ai ei ao ou 」の4個

2文字ある発音の後ろの部分(i・o・u)はすべて軽く添える感じの発音。
「アィ」「エィ」「アォ」「オゥ」という感じですね。

「ai(アィ)」の発音

「ei(エィ)」の発音

「ao(アォ)」の発音

「ou(オゥ)」の発音

二重母音(後ろの母音を大きく出すタイプ)

(種類)「ia ie ua uo üe」の5個

2文字ある発音の後ろの部分(i・o・u)はすべて軽く添える感じの発音です。
「ィエ」「ゥア」「ゥオ」「イュエ」という感じですね。

「ia(ィア)」の発音

「ィア(ィヤとも聞こえる)」

「ie(ィエ)」の発音

「ua(ゥア)」の発音

「uo(ゥオ)」の発音

「üe(イュエ)」の発音

三重母音(後ろの母音を大きく出すタイプ)

(種類)「iao iou uai uei」の4個

母音が3つ繋がるタイプです。
「小大小」と口を開き、発音も真ん中を大きくします。
「ィヤォ」「ィオゥ」「ゥア(ワ)ィ」「ウェイ」

2番目の「ィオゥ」は第1声、第2声で真ん中の母音「o」が弱くなるため「イゥ」と聞こえてきます。
また、最後の「ウェイ」は無理に真ん中の「ェ」は小さくせず、「ウェィ」で大丈夫です。

「iao(ィアォ)」の発音

真ん中の「ヤ」は「ヨ」の音が入ります。

「iou(ィオゥ)」の発音

真ん中の「オ」は「ヨ」の音が入ります。

「uai(ゥア(ワ)ィ)」の発音

「uei(ウェイ)」の発音

鼻母音の発音

中国語には(~n)と(~ng)では、発音も意味も変わってきます。
こちらも少し慣れが必要ですが、基本は「舌先」をどの部分に押し付けているか?
これだけ意識するといいですよ。
明確な違いを最初から実践しようとすると難易度が高いので。

発音 舌先の位置・要領
~n 上の歯茎に押し当てる。
又は、口から出しっぱなし。
(あっかんべーの要領)
安全の「アン」
~ng 口の奥に舌の付け根をあてる
鼻から音が抜ける日本語の「ん」の音です
案外の「アン」

nで終わる鼻音(n型)

(種類)「an en ian(yan) in(yin) uan(wan) uen(wen) üan(yuan) ün(yun)」の8個

コツは上記した通り、とにかく舌を丸めない。
丸めると「ng」の音になってしまいます。
常に舌を前方面に出し、こもらないように練習しましょう。

an(アン)

安全の「アン」。
と言ってみてください。

en(エン)

「エヌ」の「ヌ」が小さくなったような発音。

ian(yan)(イエン)

アルファベットは「a」ですが、「エ」に近い音がでます。

in(yin)(イン)

「インヌ」が近いイメージですね。

uan(wan)(ワン)

唇を丸くすぼめて「ゥアヌ」

uen(wen)(ウェン)

唇を丸くすぼめて「ウェヌ」

üan(yuan)(ユィアン)

唇を丸くすぼめて「ユアヌ」
この「ü」は舌先を舌の歯の裏にあてて発音するといいですよ。

ün(yun)an(ユィン)

唇を丸くすぼめて「ユィヌ」

ngで終わる鼻音(ng型)

(種類)「ang eng ong iang(yang) ing(ying) iong(yong) uang(wang) ueng(weng)」の8個

こちらは「n」と逆に舌を口の中へ下げます。
難しければ舌先を上顎に少しくっつけてもいいですが、可能な限りどこにも付けない練習をしましょう。
基本は舌先はどこにもくっつけない事です。

ang(アン)

例えるなら日本語の「あん・おん」の間くらいの音になります。

eng(オン)

口を大きく広げて「エ・オ」の中間音を出しましょう。
少し「オ」の音に近くなります。

ong(オン)

唇を丸めて、喉の奥から「オン」と出しましょう。

iang(ィヤン)

口を大きく開けて「イヤン」

ing(イン)

「イン」と発音しますが、「ユ」の音が少し混じりますね。
舌の付け根を喉の奥にあてて発音しましょう。

iong(ュオン)

「ユン・ヨン」の中間音。

uang(ゥアン)

唇を丸めて「ユゥ」から「アン」

ueng(ウオン)

日本語の「エン・オン」の中間ですが「ウォン」にかなり近い音です。
「en」と大分変わってくるので注意です。

「ng」はとにかく舌を口の奥。
喉の位置へ置いておくことですが、日本人は無意識に舌を引っ込める癖があります。

なぜか?
それは日本語の「ん」の発音がそうだからです。
この部分を知っていれば、「あ!今まちがえた!」と気づくことも多いですよ。

gatag-00014294

母音のまとめ

はじめの頃は僕も、この「n」と「ng」には相当苦労させられました。
というか今でも先生から「違う!」
と指摘を受けるほどです。

ただ良くなっていくコツは明らかで、口の開き方と「舌」の位置。
これさえ間違わなければそれなりの音がでます。

まだ耳も発音方法も慣れていない人は、顔面体操ではありませんが、「顔」をめいいっぱい使って練習するといいと思いますよ!

次回のお勉強 中国語の子音21種類を完全マスター!【発音付き解説】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



スポンサーリンク



スポンサーリンク

-中国語のお勉強

Copyright© 中国語を学ぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.